So-net無料ブログ作成

宇津井健さんが死去。死因は? [芸能]

俳優の宇津井健さんが2014年3月14日18時頃、慢性呼吸不全で亡くなりました。

関係者の話では宇津井さんは肺気腫を患っていて、入退院を繰り返していたそうです。

宇津井健2.jpg
http://ord.yahoo.co.jp/o/image/SIG=125dd3mia/EXP=1394887034;_ylc=X3IDMgRmc3QDMARpZHgDMQRvaWQDYnV6emFlMjFVdUpVMmpwckUEcAM1YTZINXJTbDVMcVY1WUdsBHBvcwM4BHNlYwNzaHcEc2xrA3Jy/**http://contents.oricon.co.jp/news/movie/79272/full/より引用

宇津井健さんと言えば、TBS系の『渡る世間は鬼ばかり』に出演し、大御所俳優として、お茶の間を盛り上げてくれていました。

その他にも山口百恵さんと共演していた「赤い運命」や「赤い迷路」など”赤いシリーズ”で正統派俳優として活躍してくれました。

また、若者世代の中では、ドラマ『ごくせん』の仲間由紀恵さん演じるヤンクミの祖父役として出演されていたことが有名です。


宇津井さんの死因となった慢性呼吸不全という病気はどのようなものなのでしょうか。

簡単に言えば、様々な病気(肺気腫など)によって肺の機能が損なわれてしまうことによって患う病気です。

肺の機能が損なわれてしまうと、空気中に存在する酸素を必要量取り組むことができずに、血液中の酸素量が一定基準を下回ってしまいます。

この血液中の酸素量が一定基準を下回った状態が呼吸不全で、それが1か月以上続くと慢性呼吸不全になるようです。

宇津井さんは肺気腫を患っていたため、慢性呼吸不全になったと考えられます。


宇津井さん本人の意向で、通夜や告別式は密葬で行われるようです。


こうして、一昔前にテレビで活躍した方がお亡くなりになるということは、なんとも悲しいことですね。

特に宇津井さんは『渡る世間は鬼ばかり』で活躍しておられたので、宇津井さんのことを知らないと言う人はこの日本にほとんどいないのではないでしょうか。


宇津井さんとの「お別れ会」は後日、開かられることになりそうです。


スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。